本文へスキップ

生活のワンシーンに萩焼を…
萩陶苑は、山口県萩市の伝統工芸品「萩焼」の窯元です。

お電話でのお問い合わせはTEL.0838-22-2441まで、
お気軽にご連絡ください。

萩焼の歴史と特徴About HAGIYAKI

悠久のときと伝統に磨かれた「萩焼」

 
 写真:萩データベースより
 
 
     
  萩市は、窯業として有名な町で、数多くの陶工を輩出してきました。
古くは城下町として栄え、現在でも、御許(おもと)や津守(つもり)など武家にまつわる地名がいまだに残っています。また武家屋敷が現存し、格子窓や白壁、美しい街並みが変わることなく町や人に溶け込んでいます。

その萩市で、大切に育まれている「萩焼」の歴史は、慶長年間に韓国より渡来した陶工・李勺光、李敬兄弟が毛利藩の御用窯として開窯し、高麗風の茶陶を制作したことにはじまります。
古来より茶人の間で「一楽、二萩、三唐津」と賞され、数ある茶陶の中でも深く愛されてきました。
以来今日まで、この伝統は400年以上の歴史とともに受け継がれ、育まれています。

萩焼の大きな特徴は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸水性にあります。高火度で比較的短時間で焼成し、土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼しまっていないので、軽く、保温性をもっています。
更に吸水性があるため、長年使っていくうちに、器の表面にある貫入と言われる細かいヒビ模様に、茶渋などが浸透して茶碗の趣が変わり、茶人の間では「茶馴れ」や「萩の七化け」といって珍重されています。

また、形・装飾に素朴さがあり、絵付けはほとんどなく、土の配合・釉薬の組み合わせや、へらや刷毛目により、器に表情を付けているのも特徴のひとつです。
土の配合・釉薬の組み合わせでたくさんの色を生み出すことができる萩焼の魅力を伝えるため、私たち萩陶苑では、伝統的な色合いからガラス釉薬を使用したもの、愛らしい淡い色合いのものなど、多彩な色使いの商品を製造しています。
 
 
↑「萩の七化け」と呼ばれる茶馴れの様子。 長年使い込むことによって器の表面のひび割れ部分に茶渋が染み込み、趣が増すほどに、時の流れの美しさ、大切さを感じます。



萩焼ができるまで

萩焼の色合いは、土と釉薬の組み合わせで発色します。
ここでは、どのように萩焼が作られるのか、萩焼の製造工程に沿ってご紹介します。

       
 1.粘土作り
萩焼の主原料となる「大道土」「見島土」「金峯土(みたけつち)」をブレンドして土を作ります。
2.成形・仕上げ
ろくろやたたら成形など手作業や機械で丁寧にかたちを作っていき、口元や高台の処理、印鑑をつきます。
3.化粧掛け 
異なった色の土を掛けて下模様をつける化粧掛けで味のある風合いを生み出します。
4.乾燥 
生地の水分がなくなるまでしっかり乾かします。
       
 5.素焼
窯に入れて、約800度まで10時間ぐらいかけて温度をあげて焼き上げます。
6.施釉
水に溶かした釉薬をひとつひとつ手作業で素焼をした商品にかけます。
 7.窯積み・本焼
施釉済みの商品を棚いたを使って積み上げ、12時間程度、約1200度まで温度を上げて焼き上げます。
 8.窯出し
窯に入れてから12時間後に火を止めてしっかり窯の温度をさましてから窯出しします。
このように萩焼は、色を付けるというよりは、土と釉薬の組み合わせや焼き方で、独特の柔らかい色合いや雰囲気をだしています。その日の気候・窯の状態によっては、同じものでも発色がかわるため、ひとつひとつ表情が異なります。




2016-2017年版総合カタログの
PDFファイルがご覧になれます。












shop info店舗情報

萩陶苑

〒758-0061
山口県萩市大字椿3775
TEL.0838-22-2441
FAX.0838-26-0330