本文へスキップ

生活のワンシーンに萩焼を…
萩陶苑は、山口県萩市の伝統工芸品「萩焼」の窯元です。

窯元 椿秀窯のことkamamoto

萩焼窯元 椿秀窯って・・・?



私たちには、二つの名前があります。
会社としての名前は、【萩陶苑(しゅうとうえん)】です。これは、萩焼の製造・卸売の会社としての名前です。それとは別に、萩焼を作る窯元として【椿秀窯(ちんしゅうがま)】という名前を使うこともあります。これは、萩陶苑の持つ窯の名前で、窯のある地名に由来しています。

萩焼まつりなどの販売の催事に、自分たちで出展する場合には窯元であることを伝えるために【萩陶苑 椿秀窯】という表記を使います。
また、萩焼の作家さんが、作品を作る時、誰がつくったかわかるように、落款を押しますが、椿秀窯では多くの職人の手をかけてひとつの商品を作りあげますので、商品には窯の名前を刻印します。
自社の窯で焼く、昔ながらの伝統的な方法や色合いを残した商品には、この窯名【椿秀】の落款を押しています。

余談ですが・・・、最近では、それとは別に【SHUTOUEN】というロゴ入りの商品もあります。伝統技法を活かしつつも、少しモダンなデザインに仕上げた新しい萩焼であるmintシリーズShikisaiシリーズには、この【SHUTOUEN】というロゴを使用しています。


萩陶苑 椿秀窯のこと

萩陶苑 椿秀窯では、「生活のワンシーンに萩焼を…」というコンセプトのもと、伝統的な萩焼から、デザイン性豊かな生活食器としての萩焼まで、お客様のライフスタイルやニーズに寄り添うモノづくりを目指しています。
萩焼の人気の秘密は、なんといっても素朴で柔らかな風合い。その優しい色合いや風合いを大事にしつつも、どこか新しさを感じさせる商品作りが椿秀窯の商品の特徴です。
生み出される商品の柔らかで優しい色合いは、これまで蓄積された技術と陶工の知恵の結晶。
わたしたちは使う人を思い、日々に豊かな彩りを与えてくれる、より美しく、使いやすい萩焼の器を作りたいと願っています。


事務所

工場

 ショールーム兼ギャラリー


萩陶苑 椿秀窯では、自社工場にて生地づくりから焼成まで一貫生産しています。
伝統的な技法を駆使して作品を作るのはもちろん、その一方で、機械工程と微妙な手作りの工程を巧みに融合させ、高品質を維持しながら大量注文にも応じられる独自の製造ラインを実現しています。





萩陶苑の萩焼が買える公式オンラインショップ



2017-2018年版萩焼総合カタログのPDFファイルがご覧になれます。






shop info店舗情報

萩焼窯元・椿秀窯
有限会社 萩陶苑

〒758-0061
山口県萩市大字椿3775
TEL.0838-22-2441
FAX.0838-26-0330
info@hagiyaki.co.jp
http://www.hagiyaki.co.jp/
HP運営担当:高澤あゆみ